活カニと冷凍カニ(船凍品)、本当はどっちが美味しい?

活カニは冷凍カニより鮮度も身入りも良いのか?

活カニ・冷凍カニ

 

一般的に、活カニは、鮮度も身入りも良く、冷凍カニは、鮮度は維持できても、解凍すれば身はパサパサになってしまうといったイメージがあります。

 

でも、実際は、そうとは限らないのです。

 

活カニの方が、鮮度や身入りが良いとは限らない

例えば、こんな2つのケースを考えてみてください。

 

1つは、人工の生け簀で十分な餌を与えられず、出荷前まで「生かされていた」ケースです。カニは、餌がないのとストレスとで身が細ります。

 

もう1つは、若蟹の場合です。若蟹というのは、脱皮して間もないカニのこと。カニは脱皮して大きくなります。脱皮直後のカニは、殻が柔らかく、身はフニャフニャでスカスカです。

 

こういったカニは、たとえ「獲れたて」「活」といっても、身入りは最悪です。

 

ちなみに、脱皮から日が経てば、殻が堅く、身が詰まって、ズッシリと重いカニに成長します。これが堅蟹と呼ばれる極上のカニです。堅蟹と若蟹の違いはこちらをご覧ください。

 

冷凍カニは、獲れたて最高の状態で瞬間凍結

産地直送の冷凍カニは、美味しい時期に揚がった身入り抜群の新鮮なカニを、プロの目で良質のものを選別し、水揚げ直後に、船上や浜で活〆凍結したり、ボイル凍結したものです。

 

しかも、今は業務用の冷凍技術が進んでいますから、獲れたての鮮度をキープできます。

 

なので、上手に解凍しさえすれば、冷凍カニの方が、水揚後そのままの旨味や鮮度がギュッと詰まっていて、断然、美味しいのです。

 

船凍品なら最高の鮮度を閉じ込められる

特に、船凍品(船上凍結したカニ)は、まさに水揚げ直後のカニを、船上で直ちに加工・凍結するので、最高の鮮度と旨味が閉じ込められています。

 

ただし、船上瞬間冷凍方式は、高級マグロに使われるような瞬間冷凍できる冷凍設備を丸ごとカニ漁船に備える必要があり、船凍品は希少です。

 

船凍品というのは、船が陸に戻るまでの間に、船上で選別・加工・凍結したものです。ちなみに、陸に戻って凍結したものは陸凍品と呼ばれます。

 

船凍品は、獲れた直後のカニ、まさに獲れたてのカニの中から堅蟹だけを選別し、船上でボイルし凍結したものです。活〆して、凍結したものもあります。

 

つまり、船凍品は、カニが獲れたて最高の状態で急速凍結しますから、本来の新鮮な旨み、身入りを味わうことができるのです。

 

カニ好きの方が船凍品にこだわるのは、こういう理由があるからなのです。

 

陸凍品だって負けてない

ちなみに、陸に戻って凍結したものは、陸凍品と呼ばれます。どんなに鮮度の良いカニでも、港に運ばれるまでの間に身は細ります。

 

それでは、陸凍品は、船凍品よりも鮮度や身入りが劣るのか、というと、決してそんなこともありません。

 

蟹のプロの目利きが、身入りの良い堅蟹を選別して仕入れ、水槽で活力を付けてから、加工・出荷するからです。

 

元気な活カニを加工・瞬間凍結して、あるいは、プロの絶妙の塩加減で茹で上げ、瞬間凍結して出荷するので、鮮度も旨味も船凍品に負けていないのです。

 

カニ通販選びが大事

活カニでも、冷凍カニでも、鮮度や美味しさは、取扱店によって決まります。つまり、どのカニ通販を利用するかが大切なのです。

 

どうしても活カニが欲しいなら別ですが、通販でカニを買うなら、冷凍カニがおすすめです。食べやすいように加工済みで、料理に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

 

おすすめのカニ通販はこちら

身入りのよい、美味しいカニをお取り寄せずるなら、こちらのカニ通販がオススメです。いずれも評判の良いカニ通販ですから、安心して注文できます。

 

かに本舗

かに本舗

国内最大級の蟹の取扱量を誇るカニ通販です。大きく身入りの良い高品質のカニを激安価格で購入できます。家族でお腹いっぱいカニを食べたい方にオススメ。

 

 

かにまみれ

かにまみれ

全品「訳なし」の最高品質のカニのみ取り扱うカニ通販です。価格は高めですが、その品質には納得。贈答用に喜ばれます。