活カニと船凍品どっちが新鮮で身がギッシリ詰まってる?

MENU

活カニと船凍品どっちが新鮮で身入りがいい?

活カニといえども、すべてが新鮮で身入りがいいとは限りません。

 

一方、冷凍カニでも、船凍品は、獲れたて最高の状態で急速冷凍しますから、鮮度も身入りも抜群です。

 

活カニが新鮮で身入りが良いとは限らない

主婦悩み

一般的に、活きカニは、獲れたて新鮮で実入りがいいと思われています。たいていの場合、その通りです。間違いではありません。

 

しかし「活カニが、すべて身入りが良いとは限らない」ので、注意が必要です。

 

例えば、こういうケースです。

  • 生簀(いけす)で出荷前まで「生かされていた」ケースです。カニは、ストレスで身が細ります。十分なエサを与えられていない場合は、特にやせ細ります。
  • 若蟹の場合も、たとえ獲れたてでも身はスカスカです。若蟹というのは、脱皮して間もないカニのこと。脱皮直後のカニは、殻が柔らかく身はスカスカです。

 

こういったカニは、たとえ「獲れたて」「活き」といっても、身入りは最悪。とても食べられたものではありません。

 

ちなみに、脱皮から時がたてば、殻が堅く、身が詰まってズッシリと重いカニに成長します。これが堅蟹と呼ばれる極上のカニです。

 

船凍品は、獲れたて最高の状態で急速凍結

主婦納得

船凍品というのは、船が陸に戻るまでの間に、船上で選別・加工・凍結したものです。ちなみに、陸に戻って凍結したものは陸凍品と呼ばれます。

 

船凍品は、獲れた直後のカニ、まさに獲れたてのカニの中から堅蟹だけを選別し、船上でボイルし凍結したものです。活〆して、凍結したものもあります。

 

一方、船上で加工・凍結しない場合はどうでしょうか?

 

たとえば、オホーツク海で獲れたカニは、北海道で水揚げされるまでに1〜2日かかります。その間は、船の生簀(いけす)に入れられます。

 

想像してみてください。カニは、食べるエサもなく、ぎゅうぎゅう詰めにされています。身がやせ細り、脚が折れ、中には死んでしまうカニもいます。

 

そういったことを考えると、船凍品が、いかに獲れたての鮮度と旨みをキープできるか、お分かりだと思います。

 

つまり、船凍品は、カニが獲れたて最高の状態で急速凍結しますから、本来の新鮮な旨み、身入りを味わうことができるのです。

 

カニ好きの方が船凍品にこだわるのは、こういう理由があるからなのです。

 

船凍品のカニを北海道からお取り寄せできるカニ通販はこちら

 

浜海道の公式サイトへ移動します。船凍品のカニのみを北海道から直送。函館のホテルや旅館、割烹・高級料理店、寿司店、居酒屋などへ卸している「特A級」のカニが、お手頃価格でお取り寄せできます。

関連ページ

身入りがよく美味しい堅蟹の見分け方
身入りがよく美味しいカニなら堅蟹を選びましょう。堅蟹を見分ける2つの方法をご紹介します。