冷蔵おせち・冷凍おせちの違い

MENU

「冷蔵おせち」と「冷凍おせち」の違い

通販おせち料理には、「冷蔵おせち(生おせち)」と「冷凍おせち」があります。

 

冷蔵おせち 作りたてをそのまま冷蔵便で宅配。「生おせち」とも呼ばれます。
冷凍おせち 作りたてを急速冷凍して冷凍便で宅配。

 

「冷凍おせち」は、解凍したら水っぽくなるから「生おせち」がいい、という方もいれば、「生おせち」は、料理の劣化が心配だから「冷凍おせち」がいい、という方もいるでしょう。

 

それぞれの「言い分」は、ごもっとも。人それぞれ、こだわりがあるものです。

 

「冷蔵おせち」と「冷凍おせち」のどちらを選べばよいか、ポイントをご紹介しておきます。

 

こだわりのポイントで選ぶ

こだわりポイントといえば、作り立ての味を重視するか、安全性を重視するか、ということでしょう。これまでは、作り立ての味を重視するなら「冷蔵おせち」、安全性を重視するなら「冷凍おせち」というのが、一般的でした。

 

しかし、今は、それほど違いはありません。

 

食品の冷凍技術は非常に進歩していますから、上手に解凍すれば、「冷凍おせち」でも作り立ての味を楽しめます。

 

配送時の料理の劣化も、冷蔵便で配達されますから心配いりません。実際、「届いたら傷んでいた」というのは聞きません。万が一、問題があればショップの方ですぐに対応できるように、年末年始も体制を整えています。

 

品質上は、たいして違いはありません。とはいえ、やはり誰でも「こだわり」があるもの。しっかり、こだわって選べばいいと思います。

 

おせち料理を食べる時期で選ぶ

現実に決め手となるのは、「おせち料理を食べる時期」です。ひと昔前までは、元日におせち料理を食べるのが当たり前でした。しかし、今は、年末年始に旅行に出かけ、帰ってからおせち料理を食べるという家庭も増えています。

 

年末に届けてもらって、お正月にすぐ食べるのなら、「冷蔵おせち」でも「冷凍おせち」でも、どちらでもOKですが、元日に食べないのなら、冷蔵おせち(生おせち)は賞味期限が短い(だいたい1月2日まで)ので、「冷凍おせち」でなければいけません。

 

「冷凍おせち」なら、冷凍庫保管で2週間程度はもちます。年末より少し早めに届けてもらって、冷凍庫で保管し、正月三が日過ぎて、おせち料理をいただくこともできます。

 

「生おせち」の配送は年末(12月30日・31日)に限定されますが、「冷凍おせち」は12月30日よりも前の配送も可能です。最近は、年明けに配達してくれるところもあります。

 

「冷蔵おせち」「冷凍おせち」それぞれのメリット・デメリット

「冷蔵おせち(生おせち)」と「冷凍おせち」、それぞれのメリット・デメリットをまとめておきます。

 

発送タイプ メリット デメリット
冷蔵おせち
(生おせち)

作りたてをそのまま届けてくれるので美味しい。
解凍の方法を気にしなくてよい。

料理の劣化が心配。

冷凍おせち

作りたてを急速冷凍するので、解凍後は作りたてとほぼ同じ鮮度。
料理の劣化の心配が少ない。

解凍方法を間違うと、水っぽくなったり、パサパサになったりする。

 

「冷蔵おせち」「冷凍おせち」について、もっと知りたい

関連ページ

失敗しない通販おせち料理の選び方5つのポイント
通販でおせち料理をお取り寄せして、いざ開けてみるとガッカリなんてことにならないように、「通販おせち」の選び方のポイントをご紹介。
おせち料理のサイズ・段数と人数の目安
通販おせち料理には様々なサイズ・段数があります。家族何人分くらいになるのか、目安をご紹介します。
おせち料理は早割価格での予約がおトク
おせち料理は早めに予約するのが断然おトクです。同じ商品を早割価格(早期割引価格)で購入できるからです。しかも早く予約するほど割引が大きいのです。
冷凍おせち料理は解凍すると味が落ちる?
冷凍おせち料理は解凍すると味が落ちると考えられがちです。しかし、今は冷凍技術が進歩しているので、味が落ちる心配はほとんどありません。
通販の冷蔵おせち(生おせち)は料理の劣化が心配?
通販の冷蔵おせち料理(生おせち料理)は、配送時の料理の劣化は心配ないのでしょうか?
年末年始は旅行中なので早めに冷凍おせちを届けてほしい
年末年始を海外で過ごす方や、国内旅行で自宅にいない方は、冷凍おせちを年末早めに届けてもらえるよう配達日を指定しておくことができます。