通販おせち料理のサイズ・段数と人数の目安

MENU

おせち料理のサイズ・段数と人数の目安

通販おせち料理にも、様々なサイズ・段数が登場しています。

 

お重のサイズは標準的な6.5寸から、それよりも二回りくらい大きい8.5寸や、それ以上のものまでいろいろ。形も正方形とは限りません。長方形のものもあれば、八角形のものだってあります。

 

段数も、一段から六段まで様々です。

 

これだけ種類が多いと、どのサイズ・段数のものを選べばよいのか迷ってしまいますよね。家族の人数に応じて、どのサイズ・段数のおせち料理を選べばいいのか、目安をご紹介します。

 

お重と人数の目安
2〜3人 二段重
3〜4人 6.5寸三段重
5〜6人 8.5寸三段重
7〜8人 6.5寸六段重

 

こちらは、あくまで目安です。ショップによっても異なります。また、「品目数が多い」=「量が多い」というわけではありません。内容量を十分見て、後悔しないように選びましょう。

 

サイズ選びで迷ったら?

もし、サイズ選びで迷ったら、大きめサイズがおすすめです!

 

おせち料理って、あまり食べないようで、意外と足りなくなるものです。「もっと大きいのにしておけばよかった!」と後悔する人が多いようですよ。

 

おせち料理選びのポイントは、お重のサイズや段数の他にも気をつけたいポイントがあります。失敗しないおせち料理の選び方も参考にしてください。

 

標準タイプ(6.5寸・三段重)

一般的には「6.5寸(19.6p×19.6p)三段」のおせち料理が多いようです。これが「おせちの標準タイプ」と考えればよいでしょう。家族3〜4人で食べるのならこのサイズになります。

 

なお、一段重でも特大サイズのものもあります。6.5寸三段重よりも内容量が多く、4〜5人前くらいあります。たっぷり楽しみたい方には、そういったおせち料理もおすすめです。お重の大きさは圧倒的で、家族の会話が盛り上がること間違いなしです。。

 

お正月に大勢集まるなら、8.5寸がおすすめ

おせち料理6.5寸と8.5寸のお重のサイズ比較

お正月に大勢集まっておせち料理をいただく場合には、6.5寸では小さいでしょう。人数の多いご家庭向けに6.5寸よりも「ふた回り」大きなサイズの8.5寸(25.7p×25.7p)のお重に入ったおせち料理も販売されています。

 

当然、サイズと段数によって内容量は変わります。8.5寸の三段重は、6.5寸の四段重とほぼ同じ内容量になります。

 

8.5寸三段重は、だいたい5〜6人で食べるサイズと考えればよいでしょう。やはり8.5寸のお重は、6.5寸のお重より、豪華で見栄えがします。お正月に人が集まるのでしたら、こちらのサイズがおすすめです。

 

もし、8.5寸にしようか6.5寸にしようか迷っているのでしたら、断然こちらの8.5寸をおすすめします。「料亭おせち」なら、6.5寸でも他の一般的なおせち料理に比べると豪華なのですが、8.5寸と6.5寸を並べると、豪華さの違いは歴然です。

 

ご夫婦2人なら、二段重もある

ご夫婦2人で召し上がる場合は、小さめのサイズが良いかもしれません。二段重や、1人一重ずつの二段重ねなどもあります。

 

小さめサイズのおせち料理なら、見栄えと味を重視。夫婦の会話もはずみます。

 

「匠本舗」の料亭おせちには、まるで宝石箱のような、おせち料理もあります。お正月に実家へ帰れないときは、両親におせち料理を贈るのもいいかもしれません。

 

関連ページ

失敗しない通販おせち料理の選び方5つのポイント
通販でおせち料理をお取り寄せして、いざ開けてみるとガッカリなんてことにならないように、「通販おせち」の選び方のポイントをご紹介。
おせち料理は早割価格での予約がおトク
おせち料理は早めに予約するのが断然おトクです。同じ商品を早割価格(早期割引価格)で購入できるからです。しかも早く予約するほど割引が大きいのです。
冷蔵おせち・冷凍おせちの違い
「通販おせち」をお取り寄せするとき、「冷蔵おせち(生おせち)」と「冷凍おせち」があります。2つのタイプの違いと、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
冷凍おせち料理は解凍すると味が落ちる?
冷凍おせち料理は解凍すると味が落ちると考えられがちです。しかし、今は冷凍技術が進歩しているので、味が落ちる心配はほとんどありません。
通販の冷蔵おせち(生おせち)は料理の劣化が心配?
通販の冷蔵おせち料理(生おせち料理)は、配送時の料理の劣化は心配ないのでしょうか?
年末年始は旅行中なので早めに冷凍おせちを届けてほしい
年末年始を海外で過ごす方や、国内旅行で自宅にいない方は、冷凍おせちを年末早めに届けてもらえるよう配達日を指定しておくことができます。